こだわりの酒造り

小さな蔵だからこそできることがあります

一年で売り切る分量だけを造る。千駒酒造ではこれが理念です。
酒は生き物です。仕込みが済んだ後、一定の熟成期間は必要ですが、それ以上長く貯蔵しておけばおくほど、味が変わってきます。一年間で売り切るだけの分量を造り、また次の年には新酒から飲んでいただく。これが、いつもおいしい状態で酒を出荷する基本なのです。
杜氏や蔵人、従業員が一つ一つの工程に手を掛けて、酒造りに一番適した厳冬期に、相応の分量だけを醸し出し酒のうまさを追求していくことが蔵人の使命だと思うのです。

a

水について~醸造用水~

a

日本酒は原料がシンプルなだけに、その質の善し悪しがすぐに味に反映されます。仕込みに使う水も、適した水を使うことでうまい酒を造ることができます。
千駒酒造では、那須甲子連峰が蓄えた豊かな伏流水で、酒造りに適した水を得ることができます。
蔵には大きな井戸があり、そこから汲み上げた水を、洗米、吸水、仕込みなど、すべての工程で使用しています。

米について~酒造好適米~

酒造りに適した米は、食米とは種類が異なり「酒造好適米」と呼ばれます。
酒造好適米は、食米と比べて粒の組織がずっと粗く、心白と呼ばれる米の芯の部分が大きく乳白色をしています。
心白には、雑味の原因となるタンパク質の含有量が少なく、また磨いても砕けることがないよう粘度が高く、醪(もろみ)によく溶けるという性質があります。米の組織が荒いので、水の吸収や発酵も良く、麹菌も芯まで十分に食い込むことができます。
千駒の酒造米は、北海道産「吟風」と地元産の「五百万石」「チヨニシキ」等です。最近では、吟醸酒や純米酒のラベルに原料米が印刷されてることも多いので、名前をご存知の方もいらっしゃるでしょう。また日本酒を買う際に、原料米を参考にされることもあると思います。
千駒のお酒の多くは、この酒造りに最も適した酒造好適米を使用し醸造しています。

a

手を抜くな!よく手入れしろ!楽をしようと思うな!

千駒酒造でかかげているモットーです
酒造りは芸術です。
書に例えるなら、漢字一つをとっても、一つの線が崩れただけで違う印象の漢字となり、更には作品自体にも影響を及ぼしてしまいます。酒造りもこれと同様で、原料選びから造りに至るまでの工程に 手抜かりがあっても良い酒を醸すことは出来ません。先人からの言い伝えを守り一つ一つの工程を丁寧に心を込めて酒を醸すことを大切にしています

     

心で醸す酒~心を潤す酒となりますように~

a

この1本の酒が飲む人の大切な時間、より良いひとときのお手伝いができますように、蔵人は日々願っています。甘い酒が好きな方、辛い酒が好きな方、楽しい時に飲む酒、嬉しい時の酒。
飲む人や飲む時によっても感じ方はさまざまです。
酒は嗜好品ですから、万人が旨いという酒を造るのは云わば不可能でしょう。 しかし千駒は、美味しい酒を飲んで欲しい、そう願い熱意を持って造った酒はきっとお客様の心に届くと信じています。 飲む人のお客様の心に寄り添い、旨いといわれる酒を常に追い求めているのです。

    

温故知新と人の和~地域への想い~

a

千駒のある白河市は自然豊かな歴史ある街です
白河歴史的建造物にも認定されている当蔵は、昔の面影を今に残しています
地域の方々に愛されてきた味を守り、古き良き伝統を大事にしながら白河市認定キャラクター「小峰シロ」とのコラボや企画商品の開発など新しい事にもチャレンジし続けています。
そして、蔵人、その家族、酒屋さん、地域の方々、お酒を飲んでくださるたくさんのお客様。人と人との繋がりを大切にすることで、千駒から拡がるその輪が更に拡がり、そしてお酒を通してより多くの方々へ白河を知っていただくことを千駒は目指しています。

:
a

動画「心の酒造り篇」

  • 千駒酒造オンラインショップ
  • 千駒×小峰シロ
  • 千駒ブログ

千駒酒造では、出荷する製品の放射能検査を実施しており、安心・安全な製品を皆様にお届けするよう努めております。